読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20161231

朝9時頃に目を覚まし、布団の中からiPhoneを使い、「クズの本懐」の電子書籍を全巻読む。 昼はコンビニのハンバーグ弁当としじみの味噌汁を食べ、二度寝する。 夕方、WORKING!!をAmazon Prime Videoで見て過ごす。 毎月3万円ずつ積み立てている定期預金を、…

20161218

本日のハイライト ・読了:カレー沢薫「もっと負ける技術」「ねこもくわない」 ・これから読む:木下是雄「理科系のための作文技術」 ・洗濯 ------ 師走である。 一般的に師走といえば、一年の出来事をまとめあげて振り返り、お世話になった人に挨拶し、部…

今日考えたこと

せんでもよいセックスをすると、何かが減る。 この現象について考えたこと。 セックスするときは、欲情している。そして、欲情すると、普段備わっている論理性とか社会性の割合がすくなくなってしまう。つまり、自分を自分たらしめるもの、普段の自分ではな…

哲学を伴侶として生きる。(今の時点では)

人を好きだと思う回路と、ともに生きる伴侶にしたいと思う回路は、どうやら別物らしい、ということを考えついた。 好きな人ができて、その人に好かれる自分を演じることをした。それがしんどくて、しかもそれが相手に受け入れられなかった。 人を好きになる…

コンビニ人間を読んで

コンビニ人間を読んで、そのあとで、無料配信されている、ラブレターを読んだ。 ラブレターの方では、コンビニとのセックスが描かれていて、僕は、コンビニとのセックスについて、よくわからなくなって、自分の中でのセックスの定義が揺らいだので、セックス…

生きる理由

「不幸しか生まれなかった。追い込まれた状況下で、自分の脆弱な精神を露呈したもの、命を落としたものもいた。」 映画トランボを観た。 人間は生きるために、食べることの他に、心が健康でなければならない。 心が健康であるためには、自分の人生を生きるこ…

人はいかにして狂うか

マンガ肉の映画を観た。 テーマは、「寄生」。 男女関係の中で、相手を支配しようとするが、ことごとく人間関係が崩壊する様が描かれている。 依存する関係はうまくいかない。 男であれ女であれ、まずは生きていくために、経済的に自立することが、自分の精…

生うどん食堂in大阪

見てきた。 すげー面白かった。 すごくパワフルで、怖いもの無しで。 笑って、元気になれて、応援したくなる。 チェキ一緒にとってもらって、食いしん坊ネーム「チャウチャウチャーハン」を付けてもらった。いえーい。 CDを出すことにこだわりはないのは、き…

GW

最近、アウトプットをしていない。 本を読むことなどでインプットしたものは、自分で考えた結果をアウトプットする。そのことが、自分自身のよどみをなくし、流れを作る。つまり、健康的な状態だ。それが、ものを書くというアウトプットをしていないので、最…

自分勝手な解釈

人を好きになるには、まず自分のことが好きでなければならない。 なぜなら、自分が嫌いなまま人を好きになると、自分の意思を相手に預けることになり、相手から拒否された時、自分自身の拒否、つまり、アイディンティティの消失につながるからだ。端的に言う…

考える事について

ぱぷりこさんのお焚き上げ記事を読んだ。 ああ、そうか。自分は、考えるふりをして、後悔をしていたのだと気がついた。 あの時こうしていればいい方向になったんじゃないか、実は彼女は自分に好意があったから、それが表に出ないよう、硬い言動をしていたの…

コミュニケーションについて

自分は、彼女との子供を望んだ。それが、自分の生きる目的だと、考えていた。しかし、彼女と関わる度に、傷ついている自分がいた。自分のことを、分かってくれないと、彼女の態度から感じていた。同じことを、彼女は、自分と対峙する時に、用事がないときは…

関係性における問題点

自分は、彼女との関係性が出来ていないのにもかかわらず、彼女の子供が欲しいと、強く願ってしまった。 そのため、不安の中で相手と対峙することとなり、時と場合で不安定な関わりをしてしまった。 相手はそれを警戒して、緊張感のなかで自分と関わることと…

断片

・距離感を誤ると人は警戒心を持つ。 ・失敗の原因は、相手と自分がそれぞれ感じている双方に対する距離感について、相手は遠い、自分は近いという認識において、言動を行ったためである。 ・その結果として、相手は馴れ馴れしく接してくる自分に対して警戒…

自己中

自分は自己中なのではないか、という、自分に対する問いを考えてみる。 自分が自己中なのではないか、と考えたきっかけは、自分の感情ばかりに目を向けて、自分の言動を、相手がどう捉えるか、ということを、あまり考えていないな、と思ったことがきっかけだ…

テストテスト